借り換えには低金利カードローンがおすすめ

複数の借入先からお金を借りて高い利息を支払っている人は、低金利カードローンへの借り換えが有効です。

銀行カードローンは専業主婦でも借りれるローンでしかも低金利と人気がありますが、いくら低金利でも借りるぎてしまうとなかなか返済できなくなる可能性もあります。
専業主婦でも借りれるローン
借り換え先を検討する場合には、以下のポイントについてよく確認しておきましょう。

借り換えを行う際に大切なのは、どんな目的で借り換えるのかを明確にしておくことです。
目的によってカードローンの選び方も変わってきます。

毎月の返済額を抑えたい人

毎月の返済が多すぎて続かないという人は、月々の返済金額を減らすことが最大の目的となります。

複数借入を抱えていると、当然返済額もかさんできますので、日常生活を圧迫することにもなりかねません。

そこで現在よりも低金利なカードローンで借り換えを行うことで月々の返済額を抑える方法が有効で、そのためには最低返済額についてもよく確認して、借り換え先を検討することが重要になります。
う。

ただしせっかく金利が低くなっても、返済額を減らすことにより返済期間が長期化するため、完済までの利息総額が借り換え前よりも高くなるケースがあるので要注意です。

返済総額を減らしたい人

低金利カードローンに借り換える際に、月々の返済額を維持して返済を続けた場合は、利息のトータルが安くて済みます。

返済額が変わらなければ、金利が低くなった分は返済期間の短縮につながり、利息の軽減に反映されるからです。

月々の返済に余裕があるなら返済額は変えずに確実に返済総額を安くしたい人は、金利をしっかり比較しましょう。

シミュレーションツールを活用しよう

借り換えの仕組みは分かっていても、実際にどれくらいお得になるのかイメージしにくいものです。
お金の管理
そんなときはキャッシング会社のホームページなどに用意された返済シミュレーションを使って試算してみましょう。

借り換えた場合に月々の支払額や返済総額がどう変わるのか、具体的な数字が分かるので今後の返済計画に役立ちます。

借り換えのもうひとつのメリット

借り換えのメリットは単に返済がラクになる、返済額を軽減できる、という点だけではありません。

何社もの返済を管理するのはとても面倒ですが、一本化することで借入残高や返済日を容易に把握することができるようになります。

お金の管理がしやすくなれば、余計な出費や無駄なキャッシングを減らすことにもつながります。

借り換えまとめ

  • 借り換えには二通りある
    月々の返済額を減らす→長い目で見ると損をすることも
    月々の返済額はそのまま→返済総額を軽減できる
  • 一本化して金利を安くできる
  • 複数借入をまとめて自己管理できるので便利
  • 借り換え前に十分なシミュレーションを行う